鶴田ダム増設放流設備制水ゲート

堤体上流面に傾斜があるため、扉体は、昇降時はローラで、全閉時は支圧板で水圧荷重を支持するサーニットゲート形式としています。

分野 ダムゲート
設備 常用洪水吐設備
発注者 九州地方整備局
設置場所 鹿児島県薩摩郡さつま町
完成年 2016
形式 サーニットゲート
有効幅(m) 6.72
有効高(m) 6.72
門数 3
水密方式 後面4方ゴム水密
設計水深(m) 上段:57.1 / 下段:69.61
開閉方式 電動ワイヤロープウインチ式
開閉速度(m/min) 開時0.5 / 閉時1.0
概要 鶴田ダム再開発事業において、新設される増設放流設備の洪水吐主ゲートおよび放流管の保守点検用として使用する制水ゲートです。
備考
お問い合わせ